小雪 「息子が可愛く思えない…」出産から4カ月続く”育児ストレス”:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド > スポンサー広告 > 小雪 「息子が可愛く思えない…」出産から4カ月続く”育児ストレス”

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド > 未分類 > 小雪 「息子が可愛く思えない…」出産から4カ月続く”育児ストレス”


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

小雪 「息子が可愛く思えない…」出産から4カ月続く”育児ストレス”

いつも応援ありがとうございます。

幼児/子供を天才に育てあげる子育て術


30秒でロト6予想!

昨年4月に松山ケンイチ(27)と結婚し、今年1月には長男を出産した小雪(35)。育児ストレスに悩む彼女の出産直後の苦悩を芸能関係者が語る。

「小雪さんは初めての育児に戸惑い、心身の疲れがひどかったそうです。赤ちゃんの夜泣きのたびに起きるから睡眠時間もほとんど取れず、ストレスは溜まるばかりだったといいます」

5月初旬の昼過ぎ、友人らしき女性と一緒に都内の自宅を出る小雪を本誌は目撃した。黒のキャップに七分丈パンツ、スニーカー姿で、出産前より少しふっくらした印象だ。晴れ晴れとした笑顔で友人と話しながら近所のカフェに入り、ゆったりと昼下がりを過ごしていた。

「夫の松山さんが家にいるときは、子供の面倒は見てくれるようです。とはいえ時間は限られてますから、小雪さんは近所に住む実母に手伝ってもらうことが多いそうです。カフェに行った日も実母が家に来て、小雪さんに友人と過ごす時間を作ってあげたようです」(小雪の知人)

少しは余裕が生まれてきたのだろうか。別の芸能関係者が言う。

「一時は”育児うつ”もひどく、イベントで『子供が可愛いと思えなかった』と本音を漏らしていました。その最悪の状態は脱した小雪さんですが、自分1人の時間を早く持ちたいという思いもあって、女優復帰を早めにしたい意向のようです」

現在、本格始動を視野に入れてベビーシッターを探しているという。「いざ復帰となれば、家族にばかり頼るわけにはいきませんからね」(同・芸能関係者)

1時間ほどリフレッシュタイムを楽しんだ小雪は、長男と母の待つ我が家へ帰っていった。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120516-00000304-jisin-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで
スポンサーサイト

<<iPhone用リモートカメラでいろいろ見守ってみた赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド「母の日」、その起源と反対運動>>

<<iPhone用リモートカメラでいろいろ見守ってみた赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド「母の日」、その起源と反対運動>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。