子どものタブレット使用に要注意:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド > スポンサー広告 > 子どものタブレット使用に要注意

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド > 未分類 > 子どものタブレット使用に要注意


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

子どものタブレット使用に要注意

いつも応援ありがとうございます。

夜泣き対策&解消法の決定版!!夜泣き専門保育士が伝える『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』1~5歳版



三田村式夜泣き改善術


 タブレットデバイスは急速に普及しつつあり、子どもがAngry BirdsやLearning Games For Kidsに魅了されてしまったとしても驚きではない。親が所有しているiPadなどのタブレットを子どもがすぐに独り占めするので、親たちはタブレットがもたらすリスクに気づきつつある。専門家は人を夢中にさせるこのガジェットが子どもとその精神に与える影響について必然的に研究を開始した。児童公衆衛生の専門家は、最近この非常に厄介な問題についての見方を共有し始めた。

 Children's Technology Reviewの編集者、バックライトナー氏はタブレットデバイスは子どもたちが将来離れられなくなるガジェットだと述べる一方で、「電子メディアが幼児に与える影響――乳児向け動画から教育用ソフトウェアまで」の著者、リサ・ガーンジー氏は、子どもが少なくとも30分間隔を開けずにタブレットを利用するようになったら大人は注意すべきだと述べている。

 子どもの健全な成長には電子機器への依存よりも人間同士の交流が必要という一般的な世論も存在する。というわけで、タブレットを子守に利用する親たちは子どもたちの人生の早すぎる時期にそういったデバイスを導入しているのかもしれない。そういえば、私が子どものころ、両親が業務用ゲーム機について同じようなことを言っていたのを思い出した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000036-it_ebook-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで
スポンサーサイト

<<小堺一機長男、NHK初レギュラー番組で「夕方の顔を目指す」赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド乳幼児栄養食品摂取で「くる病」に?=クレーム続出、関係機関が販売会社を調査?中国>>

<<小堺一機長男、NHK初レギュラー番組で「夕方の顔を目指す」赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド乳幼児栄養食品摂取で「くる病」に?=クレーム続出、関係機関が販売会社を調査?中国>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。