2012年07月:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

アレルギーを除外 食品専門のサイト ブレイントラスト

いつも応援ありがとうございます。


ネット初心者のための「リセールライトパッケージセット」


驚異のマラソン上達法?


アレルギーを除外 食品専門のサイト ブレイントラスト
SankeiBiz 7月30日(月)8時15分配信




 スマートフォンアプリの開発などを行うブレイントラスト(東京都千代田区)は、アレルギー物質除去食品に関する専門販売サイト「笑顔でごはん」(egaodegohan.com)を開設した。

 新サイトは、原材料としては使用していないにも関わらず、調理・提供の際にアレルギー物質が微量混入してしまう「コンタミネーション」にも対応し、安心して食品を選ぶことができる。

 また、特定のアレルギー物質が含まれる食品だけを除外して表示する「除外検索機能」も採用。卵、牛乳、小麦といった省令7品目からアワビ、大豆、鶏肉など通知18品目までの一部を除外して検索できる。

 今後は、会員同士の情報交換ができるソーシャルメディア機能を付加し、利用者同士が情報を共有できる場の提供や、アレルギー対応食品の調味料や素材を使い、家庭内で作る料理などの情報を投稿する機能などのサービスも予定している。

 厚生労働科学研究所の助成研究「食物アレルギーの発症要因の解明および耐性化に関する研究」によると、乳児の約10%(10人に1人)は、食物アレルギーを持っているという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120729-00000013-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで
スポンサーサイト

未分類

レッサーパンダ:赤ちゃん誕生 名前募集も??鯖江・西山動物園 /福井

いつも応援ありがとうございます。
チャンピックスで禁煙はじめてみた 禁煙外来に行ってきました


レッサーパンダ:赤ちゃん誕生 名前募集も--鯖江・西山動物園 /福井
毎日新聞 7月28日(土)17時13分配信




 鯖江市桜町3の西山動物園は、レッサーパンダのチャタ(雄、10歳)とミンファ(雌、6歳)の間に雄の赤ちゃんが生まれたと発表した。公開は9月末ごろの予定で、同園は同月1日から愛称を公募する。
 8日に生まれ、体長21センチ、重さ400グラム。毛はまだ薄茶色で、成長に伴ってレッサーパンダ特有の模様が現れるという。ミンファは一昨年に2頭、昨年も1頭出産しており、3回目の子育てとなる。同園のレッサーパンダは9頭になった。【山衛守剛】

7月28日朝刊



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120728-00000224-mailo-l18
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで

未分類

安田大サーカス・団長安田に第2子女児誕生

いつも応援ありがとうございます。
驚異のマラソン上達法?


安田大サーカス・団長安田に第2子女児誕生
お笑いナタリー 7月17日(火)21時2分配信




本日7月17日16時50分、安田大サーカス・団長安田と妻・安田さちの間に第2子となる女児が誕生したことが、所属事務所の松竹芸能株式会社より発表された。

妻が自身の地元である愛知県・豊橋市にて無事出産。女児は3312gで母子ともに元気だという。団長安田は仕事のため出産に立ち会うことができなかったものの、本日夕方に仕事が終わったその足で愛知に向かった。

安田大サーカス・団長安田のコメント

今回は、仕事の関係で立ち会うことができませんでしたが、元気な赤ちゃんが生まれ、ホッとしています。これからは、2人の父親になるので、よりいっそうがんばっていきたいと思います。

安田大サーカス・クロちゃんとHIROのコメント

クロちゃん:団長、第2子おめでとうございまーす! ワワワワワァー♪ 団長が着々と幸せをつかんでいって嬉しく思います。けど、クロちゃんにも幸せわけてー。第1子には、教育に悪いって会わせてくれなかったけど、今回は会わせてくださいね!

HIRO:2人目のお子さんの誕生おめでとうございます! これからも3人目、4人目といっぱい作って、少子化問題を解決してください!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120717-00000047-natalieo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで

未分類

会津助産師の家、資金難 寄付など呼びかけ

いつも応援ありがとうございます。
【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~


会津助産師の家、資金難 寄付など呼びかけ
読売新聞(ヨミドクター) 7月11日(水)11時24分配信




 福島県助産師会が、産後間もない母と子を支援しようと会津若松市に設置した施設「会津助産師の家おひさま」が、資金難の危機に直面している。

 運営費に充てていた助成金が6月で終了したためだ。昨年8月のオープン以来、東京電力福島第一原発事故の影響で、不安を募らせる母親の相談相手にもなっていることから、県助産師会は存続に向けて寄付などの支援を呼びかけている。

 「あらー、上手ね。よく飲めました」。6月29日、おひさまで助産師の二瓶律子さん(70)が、生後1か月の乳児の口にスプーンでミルクを含ませる。母親の由香さん(25)は、ほっとした表情を浮かべた。知人の勧めで入所した由香さんは、「ミルクの飲ませ方や、お風呂の入り方など気になることをすぐに聞けるから安心できる」と話す。

 震災後、避難生活で苦労する母子への支援が十分でないと判断した県助産師会が「安心して子育てできる環境を」と、会津若松市の一軒家を借りて始めた。母子が泊まる部屋を三つ備え、助産師6人が交代で泊まり込み、24時間態勢で見守る。利用料は3食付きで1日3000円だ。

 これまで母子31組が利用した。会津地方は県内で比較的放射線量が低いため、放射線を不安に思う母親の利用も多い。県外への避難を考えていた伊達市の入所者が落ち着きを取り戻し、地元へ戻ることもあったという。

 今年4月から3か月間の利用者数は、開設から3月までの8か月間を上回るペースで伸びている。二瓶さんは「被災者の利用は減ったが、まだまだ需要がある。疲れたり、不安になったりしたらすぐ駆け込める施設はとても大切」と強調する。

 ただ、運営には月約100万円を要し、日本財団の助成金が6月末に終了。寄付金などで秋頃までは続けるが、それ以降の活動は未定だ。県助産師会は、県や財団などに助成を申請しているが、見通しは立っていない。県児童家庭課は「今後も需要が一定程度あるのか調査し、どのような支援ができるか検討したい」としている。

 県助産師会の石田登喜子会長(61)によると、産後間もない母子を対象とした24時間態勢の支援施設は全国的にも少ないという。石田会長は「家庭訪問でできる対応はわずか。何とか続けていきたい」と話している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000302-yomidr-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで

未分類

上野のパンダ赤ちゃん 肺炎で死亡 生後7日目

いつも応援ありがとうございます。
驚異のマラソン上達法?


上野のパンダ赤ちゃん 肺炎で死亡 生後7日目
ねとらぼ 7月11日(水)14時34分配信








上野動物園のサイト



 上野動物園で7月5日に生まれた、ジャイアントパンダ「シンシン」の赤ちゃんが、7月11日、肺炎により死亡したことが分かりました。

 シンシンの赤ちゃんは7月7日、シンシンが子どもを抱く様子が見られなかったため、飼育員の手で保育器へ収容。その後はシンシンを子育てに慣れさせるため、保育器で赤ちゃんの体力を安定させつつ、親子でいる時間を少しずつ延ばしていく対応が取られていましたが、上野動物園のサイトによると11日午前8時30分、肺炎のため死亡したとのことです。

 上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生するのは24年ぶり。パンダは乳児期の死亡率が非常に高いことでも知られていますが、期待も大きかっただけに残念な結果となってしまいました。

(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1207/11/news058.html)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000039-it_nlab-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで

未分類

チャイルドシート、7割以上が取付に不満…タカタ調べ

いつも応援ありがとうございます。
30秒でロト6予想!


チャイルドシート、7割以上が取付に不満…タカタ調べ
レスポンス 6月14日(木)12時0分配信










拡大写真
タカタ ISOFIX固定タイプのチャイルドシート



タカタは、チャイルドシートの着用率向上とミスユース(誤った装着)を減らし正しい着用を促すため、全国の20代から40代の男女1000人を対象に、チャイルドシートの着用に関する意識調査を実施した。

[関連写真]

子どもを乗せるとき、チャイルドシートを使用するか、との質問では、74%が必ず使用する、使用しないことがあるが26%という結果だった。性世代別に見てみると、20代女性においては、3人に1人が使用の徹底ができていないことがわかった。

使わない理由では、1位が「子供が嫌がる」で64%、2位が「手間がかかる」で31%、以下、「移動距離が短く、事故に遭わないと思う」、「時間がかかる」と続いた。

取付に不満を感じたことがあるかとの質問では、73%の親が不満を感じており、特に乳児・幼児を持つ親が多い20~30代においては、8割が不満を感じていることがわかった。

取付が正しいか確認する方法を知っているかとの質問では、73%の親が知らないと回答。母親に関しては82.9%が知らないという結果となった。

ミスユース率を減らすための改善方法では、「取付をもっと簡単にできるようにする」という声が最も多く、その他にも「ワンタッチで取付できるようにする」、「規格を統一する」など、誰でも経験や体力に影響されることなく取付できる商品が求められている。

誰でも簡単・確実に装着できる固定方式の統一規格「ISOFIX」については、74%の親が使ってみたいと回答した。


《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000011-rps-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

今日はこのへんで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。