夜泣き:赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド > 夜泣き


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜泣き

子供の夜泣き 5つの大きな「誤解」

・なかなか寝ついてくれない...

・夜中に何度も目を覚まし、そのたびに起こされる...

・夜中の授乳がなくならない、卒乳・断乳できない...

・夜泣きがおさまらない... 泣く赤ちゃん

育児は楽しいはずだったのに、それどころか大きな負担となってのしかかり疲れ切ってしまっている方が大勢いらっしゃるのです。

あなたも 心当たりがあるのでは・・・


多くの方が子供の眠りについて間違った思い込みや誤解を持っているためにお子さんをうまく眠らせてあげることができていないのではありませんか?

例えば こんな5つの誤解?


赤ちゃん・幼児の眠りに関する5つの誤解
× 寝てくれないのは気質や時期的なものであり、そのうち寝てくれるようになる

× 赤ちゃんや幼児に睡眠不足はなく、寝たいときに寝かせればよい

× 抱っこやおんぶ、授乳などによって寝かし付ければよい

× 夜の就寝時刻を遅らせれば寝つきがよくなる

× 子供はぐっすり深く眠るものである


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」



いかがでしょうか? 赤ちゃんや乳幼児の眠りは大人の眠りとは大きく異なっています。
そのため、子供の眠りの特性を知り、それを踏まえた適切な方法によって親が導いてあげることが必要なのです。
逆に、これらのことを知らなければ、毎日お子さんの眠りにとってよいと思ってしていることが実はまったく正反対の結果になりうるのです。

実際、適切ではない方法を続けたことで、ますます手がかかるようになったという親御さんも非常に多く見受けられます。
どんなに頑張ってもお子さんがぐっすり眠ってくれないのなら、もしかすると、あなたのやり方に何か適切でないところがあるのかもしれません。

といっても、これまでのご自身のやり方を責めたり子育てに対して自信をなくしたりはしないでください。これは仕方のないことです。
周りの誰も教えてくれませんから。

ですが、お子さんの眠りの問題をそのままにしておくことは決して望ましいことではなく、お子さんとの楽しい生活のためにも一日でも早く改善を図るのがよいでしょう。


赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。